読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティーブジョブスの言葉

2005年6月スタンフォード大学の卒業式での祝辞より。

Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)
(ステーブジョブズ氏(アップル社CEO、Pixer社CEO))

彼の壮絶な人生経験から得られた教訓に満ちた素晴らしいメッセージだった。
17歳の頃にある言葉が印象に残った彼は、以降自身に以下の問いかけを日課にしたそうだ。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。

この答えが「No」の日が続くことで、やがて何かを変えないといけないことを悟ったそうだ。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

mixiに書いたメモ。。。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=342526327&owner_id=134084