読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaSST'08 基調講演CaperJones氏

先日(1/30,31)行われたソフトウェアテストシンポジウム2008のレポート記事が出ていました。

Caper Jones氏の基調講演、とても聴きたかったですね〜、残念。
ソフトウェアの品質向上には、やはりテストだけでは不十分(不具合修正率は40%)で、各工程でのインスペクション、工程にあった調査手法を駆使して品質を作り込むことが、結局はソフトウェア開発の成功に導くとのことです。

それぞれの工程にあった調査手法ってどんなものがあるのでしょうか?